受講体験談

受講体験談
たてよこWebアワード2017への挑戦

たてよこWebアワード2017への挑戦

こんにちは。インターネット・アカデミー卒業生の越智奎吾です。
僕はインターネット・アカデミーでの受講の集大成として、「たてよこWebアワード2017」に挑戦することにしました。このアワードは、文字を縦書きで表現する技術を使って作られたWebサイトを募集し、その中で優れたサイトを表彰するもので、個人や企業の制限なく誰でも応募できます。インターネット・アカデミーがこのアワードに協賛しており、インストラクターの先生にアワードのことをお聞きして、チャレンジしてみたいと思いまいした。ちょうど就職活動で使うことを目的に自分のポートフォリオサイトの制作をしていたので、そこに縦書きのアイディアをプラスして、作品として応募することにしました。

アワードへの応募を決めたのはいいものの、僕の場合はとにかく時間がありませんでした。応募締切が1月なのにデザインを描き始めたのが12月初めくらいで、制作期間が2か月もなかったんです。そのため、限られた制作期間の中でいかに効率的に作業を進めるかを徹底的に考えました。インターネット・アカデミーで1日4時間作業をして、電車に乗ってる時はHTMLのタグを携帯にメモしたり、家では使えそうなCSSやJavaScriptを調べたりしていました。

初めて縦書きのWebサイト制作に挑戦したので、苦労した点がたくさんありました。たとえば、コーディングの段階になって、考えていたデザインを思い通りの形にすることが難しいことに気づき、デザインを変更しなければいけなかったり、JavaScriptも知識不足や経験不足からうまくいかなかったり。ただ、そういった苦労があった分、自分がまだまだ得意ではない部分を正確に把握することができ、これから何を重点的に勉強するべきかもはっきりしました。

また、苦労した点も多かったですが、初めて組み込んだJavaScriptを縦書きのデザインに適用させて、描いていた動作がしっかりと機能してくれた時は最高に良い気分でした。そして、今回は縦書きの表現でしかできない事にも挑戦しようと思い、回文(左右どちらからでも読める文章)など自分なりのアイディアを盛り込んで良いデザインができたんじゃないかなと思います。最終的に、なんとか締切日の前日には提出できました。

今回、たてよこWebアワードの結果としては受賞にいたりませんでしたが、アワードに挑戦したことにより、以前と比べて効率的に作業をする事ができるようになったり、目的意識を持ってデザインをする事により無駄のないスッキリとしたデザインを仕上げる事ができるようになったと思います。そして、時間的に追い込まれて作業をしていましたが、とは言え最後まで楽しく作業をすることができ、自分なりに成長を感じられたことがなによりの収穫です。

何かに挑戦することは、目的意識やモチベーションを高く持つことにつながりますし、その一方で、まだ知らない事やできない事を見つけるきっかけにもなります。この積み重ねが、自分の自信につながっていくと思います。こういったアワードなどで自分の可能性に挑戦する機会はそうありません。僕自身、今後もこのようなアワードがあれば挑戦し続けていきたいと思います。

執筆者プロフィール
執筆者

インターネット・アカデミー卒業生/Webデザイナー
越智奎吾さん

現在、パスクリエイト株式会社のWebデザイナー部署に所属。二十歳に満たない僕ですが、その若さや柔軟性を生かしてWeb業界で活躍していき、自分の夢に向かって進んでいきたいです。

越智奎吾さんのポートフォリオサイト

さらにスキルアップしたい方へ受講ポイント・講座の追加ができます

受講ポイント・講座の追加ができます

インターネット・アカデミーで受講している方や卒業後にさらなるスキルアップを目指したい方は、受講ポイントや講座の追加ができます。割引サービスもございますのでぜひご検討ください。ご質問、ご相談は各校のスクールデスクもしくはお電話にて承っております。

追加受講シミュレーション

インターネット・アカデミーとは

Webデザインやプログラミングなど、Web・ITが学べる通学制のスクールです。
1995年の創業以来、初心者を「最短距離で最前線へ」導くスクールとして、
これまでに25,000人以上の卒業生を国内外に輩出してきました。社会人でも短期間でスキルと人脈を得ることができます。

インターネット・アカデミー
公式サイトへ